葬儀社の見積もりと実際にかかる費用の違いについて

葬儀社の見積もりと実際にかかる費用の違いについて

葬儀を行うにあたってわたしたちは葬儀社から見積もりを受け取ることになりますが、葬儀が終わってみると見積もりの金額よりもずいぶん余計に費用がかかってしまい予算をオーバーしてしまったという話もしばしば聞かれます。 葬儀社が出してくれる見積もりには、葬儀用の祭壇一式のレンタル料や式場使用料、棺や遺影写真、霊柩車、骨壷などの料金は含まれていることが多いのですが、実際には参列者の飲食の接待にかかる費用や僧侶へのお布施、戒名料などもかなり必要になってきます。 参列者への接待に30万円、僧侶へのお布施や戒名料に50万円かかったというケースも、珍しくありません。火葬料金やドライアイス、火葬場へ行くときのマイクロバスやタクシーの料金も、あわせるとかなりの金額になってしまいます。 葬儀社からもらった見積もりは30万程度だったのに結果的に100万円を超える金額になってしまうのは、葬儀社の見積もり以外にかかかる費用がたくさんあるからです。 葬儀にあたって予算を考えるときには、参列者の接待費用や僧侶へのお布施、戒名料、火葬場への交通費なども用意しておくことが大切です。

葬儀の形式が最近小規模化しています

 最近の葬儀は家族葬が大半を占めていて、一般葬で行われるのはごくまれになりつつあります。東京などでは葬儀自体を行わずに直接火葬場に行って焼いてしまうだけの直葬と呼ばれるものも多くなっていると聞きます。 大規模に葬儀を行うことが良いとは思えませんが、あまりにも小規模な葬儀ばかりというのもどうかと思います。生活するのに精一杯で、葬儀費用にあまりお金をかけられないという方もいらっしゃるようですが、最後のお別れぐらいはきちんとしてあげたいものです。 最近は事前に葬儀費用を積み立てておくシステムを採用している葬儀社もあるようですから、色々な葬儀社の情報を集めておいて、自分たちはどんな葬儀にしたいのか生前にある程度考えておくべきなのかもしれません。自分が死ぬときの事を生きているうちに考えるのも死ぬ準備をしているみたいで嫌ですが、少しは考えておこうと思います。

【神奈川県(横浜市)】 任意売却 横浜市
任意売却 鶴見区/ 任意売却 神奈川区/ 任意売却 西区/ 任意売却 中区/ 任意売却 南区/ 任意売却 港南区/ 任意売却 保土ヶ谷区/
任意売却 旭区/ 任意売却 磯子区/ 任意売却 金沢区 任意売却 港北区/ 任意売却 緑区/ 任意売却 青葉区/
任意売却 都筑区/ 任意売却 栄区/ 任意売却 泉区/ 任意売却 瀬谷区/ 任意売却 戸塚区
【神奈川県(川崎市)】
任意売却 川崎市
任意売却 川崎区/ 任意売却 幸区/ 任意売却 中原区/ 任意売却 高津区/ 任意売却 宮前区/ 任意売却 多摩区/ 任意売却 麻生区

Blog

Calendar