葬儀には数珠を持っていったほうがいいです

葬儀には数珠を持っていったほうがいいです

葬儀に参加する時は、数珠を持っていったほうがいいです。 数珠は葬儀に必ず必要な物なので、持っていないような人がいたら、知り合いに借りたりして数珠を忘れないように持っていったほうがいいです。 数珠の値段は高いもののほうがいい数珠なのですが、あまりお金がないような人は、安い数珠でも大丈夫です。 葬儀の時に数珠を持って行くことに意義があるので、忘れないようにした方がいいです。 たまに忘れる人がいますが、そういった人は葬儀会場で借りることもできるのですが、かなり失礼に当たるので、あまりそのようなことはしないほうがいいと思います。 葬儀に必要な物は数珠以外にもあるので、自分で調べて忘れ物を市内で葬儀に参加した方がいいです。

儀費用の一般的な目安についてご紹介しましょう

葬儀に必要な費用について、葬儀費用の一部について一般的な目安についてご紹介しましょう。 葬儀の場合の各種心づけというのは、葬儀で近所で手伝ってくれた方や世話役の方に渡しします。 葬儀の世話役の方の心づけは、概略で5千円から1万円くらいで、代表者の方には1万円から2万円くらいを渡しします。 また、葬儀の際に近所で手伝ってくれた方には、2千円から3千円くらいを渡せばいいでしょう。 ご遺体の搬送費というのは、ご遺体を施設や病院から式場や自宅へ搬送するためのものですが、葬儀業者にもよっても違います。 たとえば、ある葬儀社では9500円の基本料金で、追加料金が10キロ単位で加算されます。 通夜ぶるまいというのは、参列して下さった方々へご焼香の後にお食事を出しますが、2000円から3000円を一人当たり目安にしておきましょう。


Blog

Calendar