任意売却は競売に比べてメリットが多い

任意売却は競売に比べてメリットが多い

ローンの返済が滞り、住宅を売却する場合は、競売よりも任意売却の方がメリットが多いです。任意売却の場合は、任意売却を専門とする業者がおり、債務者の代理人として様々な手続きや交渉をしてくれるのです。例えば、立ち退き費用の交渉についても、任意売却の方がずっとスムーズにいくはずです。なぜなら、競売の場合、立ち退き費用の交渉は債務者が落札者と行わなければなりません。もし、落札者が競売物件の扱いをメインとする不動産業者や、競売物件を扱うことに慣れた投資家などであった場合、その交渉は困難かと思います。
任意売却の場合、立ち退き費用の交渉は専門の業者が仲介してくれます。時間的、精神的な負担がかからず、希望に近い形でも売却が成立しやすいのです。

 

任意売却の第一歩はよい業者を探すこと

住宅ローンの支払いができない状態が続くと、いつか必ず、自宅が競売にかけられることになります。競売にかけられる場合は、自分では何も手続きをする必要がありません。そのため、投げやりな気持ちになって、返済を放置する人もいます。
しかし、競売の場合は、ほとんど残債が減りません。面倒臭がらずに任意売却をしたほうがいいです。
確かに、任意売却をするとなると、債権者と交渉をしなければいけなかったり、購入希望者を見つけなければいけなかったりと、大変です。しかし、それらの作業は、任意売却業者に依頼をすれば、すべて任せることが可能です。
親身になって相談に乗ってくれる任意売却業者を見つけ出すことができさえすれば、任意売却で事態を打開できますから、あきらめないでください。


Blog

Calendar