任意売却で生活を立て直す

任意売却で生活を立て直す

任意売却をすることになる場合、多くの人は失業や倒産、あるいは離婚、また病気で働けなくなるなど、何か思いがけない理由が生じて住宅ローンの返済ができない状態になり、苦しい立場に立たされていることになります。
ローンを払えない住宅は任意売却を通じて売るしかないわけですが、マイホームを売った後、自分の生活をどう立て直していくのかを考えることが重要です。任意売却の場合は、競売に比べて高い価格で売買が成り立ちますし、引っ越し費用を出してもらえたり、場合によっては賃貸として同じ家に住み続けることができるという場合もあります。
任意売却は、苦しい状況を切り抜けて将来の見通しを建てることができる方法なので、ローン返済に窮したら、まず任意売却という選択肢を考えましょう。

 

任意売却では、売主が費用を負担する必要はありません

住宅ローンの返済が滞り、今後も状況改善が見込めない場合の解決法として、任意売却があります。
任意売却は、住宅購入資金を融資している金融機関の許可を得て、該当する不動産物件を売却します。それによって残債を減らし、金銭や精神面の負担を軽減することができます。任意売却のメリットの一つとして、『売主が費用を負担する必要がない』ことが挙げられます。任意売却にかかわる費用は、債権者への返済金・相談機関への手数料・固定資産税や住民税の滞納分・登記変更や抵当権抹消の費用・マンションの管理費や積立金の滞納分などです。
これらの費用は、不動産物件を任意売却した際の代金から支出されます。相談機関と債権者との交渉次第では、若干の引っ越し費用が支給される例もあります。
任意売却は余分な費用をかけずに生活を再構築できるため、とても有用な制度だといえます。


Blog

Calendar