不動産登記を行う際の添付情報

不動産登記を行う際の添付情報

不動産登記を行う際には、登記申請書と共に添付情報を提供する必要があります。必要とされる情報は不動産登記の種類によっても異なりますが、基本的な添付情報は以下のようなものがあります。
不動産に関する権利の登記を行う場合には、登記原因証明情報の提供が必要になります。たとえば、不動産の売買による所有権の移転では、売買契約書などが登記原因証明情報となります。
共同申請では、登記義務者(不動産を手放す人など)が登記識別情報を発行し、間違いなく意思があることを確認する必要があります。また印鑑証明書も必要となります。
登記権利者(不動産を得る人など)は、実際には存在しない人物や法人の名義で登記の申請がなされることを防ぐために、住所証明書が必要となります。


不動産物件の入居審査について

不動産物件を契約する時には、入居審査というものが入ります。
この不動産の入居審査とは、入居希望者がその物件に入居しても良いかを物件のオーナーや不動産会社が判断することを言います。
審査内容は入居希望者が申告した情報に偽りがないかどうかや、収入、保証人の有無などです。
安定した収入や連帯保証人の有無が審査されるのは、入居希望者が毎月の家賃をきちんと支払うことができるかどうかを見極めるために大切になります。
保証人として一般的なのは両親をはじめとした親族です。保証人が見つからない場合には、不動産専門の保証会社を利用したり、保証人が不要な不動産物件を探すなどの方法で探す必要があります。
また、基本的なことですが、身だしなみやマナー、言葉づかいなども、不動産会社の印象を左右する大事な要素となります。


Blog

Calendar