不動産相続の際の所有権登記の必要

不動産相続の際の所有権登記の必要

不動産の相続による所有権登記が必要となる場合は、次のようなケースが考えられます。
まずは相続財産のうちで土地や建物などの不動産の所有権について共同相続人が法定相続分(民放で定められた相続人の取り分の割合)通りに相続することになったケース、または共同相続人同士で遺産分割の協議を行った結果もしくは遺言書の結果として、特定の不動産の所有権を特定の相続人が相続、または法定相続分とは異なる割合で相続すること(遺産分割協議の結果が多い)になるケースです。
不動産を共同相続するケースでは、共同相続人全員が登記申請を行う必要があります。
遺産分割協議の結果として不動産の相続登記を行う場合、戸籍謄本をそろえるほか、協議の結果を記載した遺産分割協議書を添付する必要があります。


 

不動産投資が素人には難しい理由

不動産を購入すればそれ以降家賃収入があり、売却の際に購入した金額よりも高値で売れる・・・そんな物件があれば誰しも所有したいと思います。
しかし実際に不動産投資で成功している人は多くはありません。なぜ不動産投資は難しいのでしょうか。それは不動産とは言えやはり投資という側面から不確実性との戦いだからです。
株や為替ほど価値が急落することはほとんどないかもしれませんが、不動産購入時には人気のエリアで満室が見込めていたアパートやマンションも周囲の状況の変化ゆえに空きが続いたり、売却しにくくなったりということがあります。
また価格の下落が続くのか下げ止まるかなどの判断は素人にはとても難しく、損益のクッション材となるものもないことが多いので不動産投資は素人には難しいのです。投資会社と対等にやっていくためには、企業に劣らない情報量を集め、周囲の動向にも敏感である必要があります。


Blog

Calendar