比較的簡単な不動産登記とは

比較的簡単な不動産登記とは

不動産取引をする際には、その手続きが煩雑であることから、その物件を取り扱う不動産業者や、金融機関から紹介される司法書士や土地家屋調査士といった不動産取引の専門家に依頼することが多いでしょう。こうした人たちに頼む際には当然ながら報酬が発生しますので、事前に見積もりを取っておくといいでしょう。
不動産の登記については、自分でできるものもあります。たとえば、建物を新築した際の所有権保存登記、相続関係があまり複雑でない不動産相続に伴う所有権移転登記、住宅ローンを完済した際の抵当権抹消登記などは比較的簡単にできます。
不動産は持ち主にとって大切な財産になりますので、この登記手続きを自分で行うのは費用が節約できるだけでなく、不動産に関する知識を深めることにもなります。

不動産相続に関する登記について

親や配偶者などが死亡して、不動産を相続する場合には、その登記申請を行うことになります。不動産などの相続登記はあまり行われておらず、死亡した人の名義で登記されたままになっていることもざらであるようです。しかしそのまま放置しておくと、相続人のひとりが勝手に相続登記をして不動産を処分し、トラブルになることもありますので、相続が発生したらなるだけ早く所有権移転登記をする方がいいでしょう。

相続による不動産の移転登記を行う場合、相続関係を明確にしてそれを証明できる書類を集めることが重要になります。この場合、不動産を持っていた人(被相続人)の現在の戸籍だけでなく、被相続人の現在から過去への戸籍をさかのぼり、相続人を全て探すことと、相続人全員の戸籍謄本が必要になります。

Blog

Calendar